2011年7月人気の国際通りにオープン♪ツインはベッ...

おすすめツアー情報

最近のエントリー おすすめツアー情報ブログ

月別アーカイブ おすすめツアー情報ブログ

スカイマークについて

2011年7月人気の国際通りにオープン♪ツインはベッド幅122センチのセミダブルベッド、ダブルはベッド幅154センチの広々ダブルベッド利用!「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」:おすすめツアーブログ

2012/09/01

2011年7月人気の国際通りにオープン♪ツインはベッド幅122センチのセミダブルベッド、ダブルはベッド幅154センチの広々ダブルベッド利用!「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」

daiwa-kokusai-gaikan.jpg国際通りに面した絶好のロケーションにある「ダイワロイネット那覇国際通り」は、ゆいレール・牧志駅よりデッキ直結「さいおんスクエア」の複合施設で、観光はもちろんビジネスにもオススメのホテルです。このホテルのオススメポイントは3つ。1つ目は、快眠サポートの「選べる枕」。低い羽毛枕や天然素材枕、低反発枕など5種類の枕が数量限定ですが貸出されているので、ぐっすりと安心してお休み頂けます。2つ目は、ゆとりの広さが確保された客室。柔らかな色調と落ち着いた雰囲気。全室加湿機能付空気清浄機でゆったりとお寛ぎ頂けます。そして3つ目はアメニティの充実です。女性のお客様にはレディースアメニティ、そしてお子様連れの方にはキッズアメニティが用意されています。「安心」と「癒しのひと時」を味わって頂ける「ダイワロイネットホテル」でゆったりとお過ごし頂けます。

⇒スカイマーク利用で、ワンランク上のホテルも格安でご用意できました。是非、この機会にダイワロイネットホテル国際通りをご利用ください♪ ツアー詳細はこちら♪
前のページへ:おすすめツアーブログ 次のページへ:おすすめツアーブログ

おすすめ観光情報

  • okashi.jpg.jpg沖縄の代表的な御菓子と言えば頭に浮かぶのが〝ちんすこう〟や〝紅イモタルト〟です。そんな読谷村発、紅イモタルトで人気の「お菓子のポルシェ」の工場兼販売施設。青い海に映えて輝く、燃えるような朱色の門がまえは、首里城正殿がモチーフとのこと。その鮮やかな赤と甘い香りに引き寄せられついついフラット立ち寄ってしまう御菓子御殿恩納店。紅イモタルトの工場ラインが併設されていて、次々に製造される御菓子づくりの工程をガラス越しに見学できるほか、出来立ての紅イモタルトにも出会うことができます。沖縄県の特産物である紅イモは栄養価にも優れた注目の食品です。イモ100g中に、カルシウムが40~50㎎、食物繊維、ビタミンも豊富で準完全栄養食です。近年では、さらに天然ポリフェノールが含まれていることもわかり、ヘルシーな食品として注目を浴びています。そんな注目の〝紅イモ〟を、使用した〝紅イモタルト〟是非、お試し下さい♪

    2011/12/14

  • kaichu.jpg.jpg沖縄本島で唯一の海中展望塔から眺めるエメラルドグリーンの海、一面の景色は最高の美しさです。東シナ海に突き出した部瀬名岬の突端170m沖合いに立つ塔の「海中展望塔」。らせん階段を降りると水深4~5mの絶景が目の前に広がります。窓の外では、熱帯魚が優雅に泳いでいます。魚のパネルもあるので、どの魚かも確認しながら見る事が可能です。海中展望塔の最大の魅力は、何と言っても服を着たまま気軽に沖縄の美ら海を満喫する事が出来る点です。雨天の際も安心、天候に関係なく海中展望塔なら気軽に海の中を覗く事が出来ます。海の中にある展望フロアの窓からは海底に広がるサンゴ礁の海と、亜熱帯の色鮮やかな魚たちを見渡す事が可能です。360度、24面の窓がついているのでぐるりと一周する事が出来ます。海中展望塔からは、ディズニー映画のキャラクターで一躍有名になったカクレクマノミや、サンゴの海に似合う色鮮やかなヤマブキベラ、サンゴの海でしか暮らすことの出来ないハナグロチョウチョウオなど、カラフルな魚たちが沢山です。亜熱帯地方ならではのカラフルな魚たちの特徴は、透明度の高い熱帯・亜熱帯の海に生息し、サンゴ礁域の海に住む魚たちはこの環境に様々な形で適応しながら生きています。狭いサンゴの間をすり抜けやすいように体が薄かったり、色鮮やかな魚が多いのも特徴です。サンゴと熱帯魚の海の中へ、歩いて行くことが出来る魅力的な海中展望塔です。

    2011/12/01

このページの先頭へ