スカイマークで行く!エリア別ランキング

羽田発スカイマーク札幌ランキング
ホテルエミシア札幌
ホテルサッポロメッツ
クインテッサホテル札幌(旧・チサングランド札幌)
札幌エリアのランキングをみる 札幌エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク関西ランキング
ホテル京阪ユニバーサル・シティ
ホテルプラザオーサカ
ホテル京阪天満橋
神戸エリアのランキングをみる 神戸エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク福岡ランキング
ホテルニューオータニ博多
ホテルサンルート博多
プレジデントホテル博多
福岡・北九州エリアのランキングをみる 福岡・北九州エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク鹿児島ランキング
ホテルセントコスモ
ホテルユニオン
ベストウェスタンレンブラントホテル鹿児島リゾート
鹿児島エリアのランキングをみる 鹿児島エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク沖縄ランキング
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
EMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄ホテル&スパ
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
沖縄エリアのランキングをみる 沖縄エリアの宿泊施設一覧へ

スカイマークについて

沖縄のホテル一覧へ

ホテル国際プラザ

那覇のメインストリート国際通りに位置し、観光に最適♪

那覇空港から車で15分、ゆいレールの「県庁前駅」より徒歩約6分の好立地にある「ホテル国際プラザ」は、沖縄のメインストリートの国際通りの真ん中にあり、アクセスも良好です。ショッピングにも便利な立地が自慢のホテル。客室は、ビジネスから家族旅行まで対応可能なコンパクトで機能的なお部屋。落ち着いた雰囲気を漂わせるシンプルな客室で、ゆったりとお寛ぎ頂けます。客室からは国際通りが見渡せるのも良いですね。お部屋にはテレビ、エアコン、冷蔵庫、電話、電気ポット、ヘアドライヤー、LAN接続(無料)、アメニティグッズ、パジャマ、スリッパなどが常備され、ビジネスでもプライベートでも大切な時間を快適にお過ごし頂けます。またフロント前には無料で使用できるパソコンが設置されているので、ちょっとした調べ物にも便利です。その他館内には、1階にお土産屋さん「キッドハウス6号店」、地下1階には「リンパ専門サロン Turtle House」がオープンしています。居酒屋の「島唄ダイニング はなはな」があります。夜には島唄ライブがあるので、時間を合わせて覗いてみても良いですね。便利な立地にある「ホテル国際プラザ」でのんびりとお寛ぎ下さい。


スカイマーク羽田発 おすすめホテル≫

[料金] ¥21,800~

スカイマークプランの宿泊パックを探す

スカイマークプランのおすすめ宿泊プランを探す

アクセス
モノレール県庁駅前から徒歩6分
駐車場
35台(1泊700円/1台)
チェックイン/アウト
14:00/11:00
住所沖縄県那覇市松尾1-4-10
電話番号098-862-4243FAX番号098-862-8481
ここがポイント!
那覇のメインストリート国際通りに立地!
2008年4月に全客室リニューアル

観光情報&おすすめツアー

沖縄エリアおすすめツアー
【ヒルトン沖縄北谷リゾート】2014年7月オープン。オーシャンビューの眺めは格別!プールやスパの施設も充実♪
hilton-chatan-1.jpgグローバルに展開するヒルトン・ワールドワイドのホテルが2014年沖縄にオープンしました。機能的で広々とした客室からは、透明感の美しい北谷の海やウォーターフロントの街が一望できます。客室は35㎡以上のゆったりとした広さで、白を基調として自然の風と光が感じられるデザインです。朝食は新鮮な野菜やフルーツ、温かいお料理や和朝食が並んだブッフェをお召し上がりいただけます。イタリアンレストラン「コレンテ」では、オープンキッチンから作られるダイナミックかつ繊細な料理を堪能できます。テラス席の用意もあり、ゆったりとした時間をお楽しみいただけます。
館内にはプールやスパ、フィットネスセンターも完備。また9階のエグゼクティブラウンジにはゲストリレーションオフィサーが常駐し、お客様のご要望にお答えします。グローバルに展開するヒルトン・ワールドワイドのサービスを、ぜひヒルトン沖縄北谷リゾートでお楽しみ下さい。

沖縄エリアおすすめツアー
レンタカーなしでも【美ら島観光バス】でラクラク沖縄を満喫♪美ら海水族館入場券&琉球村入場券付!
chura.jpg.jpg沖縄へ行ったら一度は訪れてみたい「美ら海水族館」。でも、那覇からだとちょっと遠いし、車の運転も不安・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなあなたには名鉄観光の【美ら島観光バス】付プランがおすすめです。

【美ら島観光バス】は、ゆいレールの県庁前駅直結「パレット久茂地」からの発着。美ら海水族館入場券&琉球村入場券付の便利でお得な日帰りバスツアーです。
まずはじめに訪れるのは、車で行ける楽園とも呼ばれる「古宇利島(こうりじま)」です。2005年に開通した古宇利大橋で本島と結ばれました。橋の両側には美しいエメラルドグリーンの海が広がる絶景のドライブコースです。透き通る海、青い空が印象的な浜辺には、人類の先祖である男女が住んでいたという伝説も残っていて、恋人たちの聖地とも呼ばれています。

そして、「沖縄の海との出会い」をテーマとした世界最大級の水族館「美ら海水族館」へ。カラフルな熱帯魚や生きたサンゴの大規模飼育、ジンベエザメやマンタの複数飼育など沖縄ならではの展示は必見です。イチオシの目玉は、高さ8.2m・幅22.5m・厚さ60cmもの巨大アクリルパネル越しに見るジンベエザメ。ゆったりと泳ぐ雄大な姿には圧倒されます。
紅いもタルトの「御菓子御殿」へ立ち寄った後は、沖縄の文化・芸能・自然を体感するテーマパーク「琉球村」へ。村内は昔ながらの赤瓦のお屋敷があり、どこからか沖縄の楽器である三線や太鼓の音が聞こえてきます。昔の沖縄にタイムスリップしたかのような、ゆっくりとしたウチナータイム(沖縄時間)を感じられるかもしれません。

最後は出発地のパレット久茂地で解散。一日たっぷり遊んだ後は、ホテルでゆっくり休むもよし、国際通りで沖縄グルメに舌鼓を打つもよし・・・沖縄をめいっぱい満喫しましょう♪

⇒美ら島観光バスツアー付プランの詳細はこちら♪
沖縄エリア観光情報
首里城
shuri.jpg.jpg琉球王国のシンボルである「首里城」。約450年に渡り琉球王国の繁栄を見つめてきた首里城は、過去に4度火災や沖縄戦で焼失を繰り返した歴史を持ち、現在の首里城は1992年に復元されました。朱色の赤瓦がとても美しい首里城は、琉球王国の統治・外交・文化の中枢として栄えた国王の居城です。城内には、随所に日本と中国の建築様式を融合させた独自の芸術性を見る事が出来ます。最近は、見る事が少なくなってしまった二千円札の絵柄にもなっている「守礼門」は二層式の門で、門中央には「琉球は礼節を重んじる国である」という意味の文字が書かれています。首里城の中心は「正殿」と呼ばれる建物で木造建築としては沖縄最大です。正殿内の1階では政治が執り行われ、2階では王家の儀式が行われました。1、2階とも国王の玉座である御差床(うさすか)が設けられ、壮麗な意匠がとても素晴らしいです。正殿の見学のポイントは、正殿正面にあるS字型の唐破風屋根や、屋上上の龍頭棟飾りなどのきらびやかな装飾です。彩色などは中国建築の影響を強く受けていますが、唐破風の屋根は日本建築に見られる方式で、両国の建築様式が融合している様子が伺えます。琉球建築の粋を集めた極彩色の装飾は、その当時の栄華を感じさせます。見所がいっぱいの首里城の有料エリアには、琉球衣装を着たガイドさんがいます。城内の建物や琉球の歴史などを教えてくれるので、疑問に思ったことを質問してみても良いですね。じっくりと見学をして往時に思いをはせてみるのも素敵です。


このページの先頭へ