スカイマークで行く!エリア別ランキング

羽田発スカイマーク札幌ランキング
ホテルエミシア札幌
ホテルサッポロメッツ
クインテッサホテル札幌(旧・チサングランド札幌)
札幌エリアのランキングをみる 札幌エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク関西ランキング
ホテル京阪ユニバーサル・シティ
ホテルプラザオーサカ
ホテル京阪天満橋
神戸エリアのランキングをみる 神戸エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク福岡ランキング
ホテルニューオータニ博多
ホテルサンルート博多
プレジデントホテル博多
福岡・北九州エリアのランキングをみる 福岡・北九州エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク鹿児島ランキング
ホテルセントコスモ
ホテルユニオン
ベストウェスタンレンブラントホテル鹿児島リゾート
鹿児島エリアのランキングをみる 鹿児島エリアの宿泊施設一覧へ
羽田発スカイマーク沖縄ランキング
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
EMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄ホテル&スパ
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
沖縄エリアのランキングをみる 沖縄エリアの宿泊施設一覧へ

スカイマークについて

沖縄のホテル一覧へ

ホテルエアウェイ

幹線道路・国道58号線沿いにあり、観光にビジネスに便利な立地♪
沖縄滞在のキーステーションとして便利な「ホテルエアウェイ」。ゆいレールの「美栄橋駅」より徒歩4分、沖縄の幹線道路である国道58号線沿いの立地面で最高の立地。沖縄のメインストリート・国際通りまで徒歩5分、多彩な飲食店で賑わう沖縄一の繁華街・松山まで徒歩1分と観光はもちろん、ビジネスにも大変便利な好立地にあるホテルです。客室はシンプルで機能的、ゆったりとお寛ぎ頂ける空間が広がります。ベッドは全室セミダブルベッドを使用しているのでゆったりとお休み頂く事が可能です。館内には、1階ロビーにコイン式インターネット端末機が2台設置されているので、ちょっとした調べ物にも便利。24時間オープンしている1階ミニショップでは、飲食品や日用品はもちろん、お土産などもお買い求め頂けます。そして長期滞在にも安心なランドリーコーナーもあります。1日のエネルギー源となる朝食は嬉しい無料でお召し上がり頂けます。レストラン「美ら風 ちゅらかじ」にて沖縄らしいおかずや挽きたてのコーヒー等、バイキング形式でお召し上がり頂けます。沖縄での時間をゆったりとお過ごし頂ける「ホテルエアウェイ」です。

スカイマーク羽田発 おすすめホテル≫
[料金] ¥22,300~

スカイマークプランの宿泊パックを探す

スカイマークプランのおすすめ宿泊プランを探す

アクセス
那覇空港から車で15分、モノレールで14分(美栄橋駅下車徒歩約4分)
駐車場
20台(1泊・1台400円)
チェックイン/アウト
14:00/11:00
住所沖縄県那覇市久茂地2-14-5
電話番号098-864-0511FAX番号098-864-0519
ここがポイント!
幹線道路・国道58号線沿いにあり、観光にビジネスに便利な立地♪

観光情報&おすすめツアー

沖縄エリアおすすめツアー
2011年7月人気の国際通りにオープン♪ツインはベッド幅122センチのセミダブルベッド、ダブルはベッド幅154センチの広々ダブルベッド利用!「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」
daiwa-kokusai-gaikan.jpg国際通りに面した絶好のロケーションにある「ダイワロイネット那覇国際通り」は、ゆいレール・牧志駅よりデッキ直結「さいおんスクエア」の複合施設で、観光はもちろんビジネスにもオススメのホテルです。このホテルのオススメポイントは3つ。1つ目は、快眠サポートの「選べる枕」。低い羽毛枕や天然素材枕、低反発枕など5種類の枕が数量限定ですが貸出されているので、ぐっすりと安心してお休み頂けます。2つ目は、ゆとりの広さが確保された客室。柔らかな色調と落ち着いた雰囲気。全室加湿機能付空気清浄機でゆったりとお寛ぎ頂けます。そして3つ目はアメニティの充実です。女性のお客様にはレディースアメニティ、そしてお子様連れの方にはキッズアメニティが用意されています。「安心」と「癒しのひと時」を味わって頂ける「ダイワロイネットホテル」でゆったりとお過ごし頂けます。

⇒スカイマーク利用で、ワンランク上のホテルも格安でご用意できました。是非、この機会にダイワロイネットホテル国際通りをご利用ください♪ ツアー詳細はこちら♪
沖縄エリアおすすめツアー
1泊目はオーシャンフロントの≪名護・喜瀬ビーチパレス≫・2泊目は那覇市内♪ 人気の名護&那覇 3日間
kise-gaikansamnail.jpg.jpg■1泊目は、砂浜ラインに佇む贅沢な立地のウィングスタイルのホテル「沖縄リゾート 喜瀬ビーチパレス」。ベイサイドに孤を描くビーチまで、徒歩30秒。ホテルの目の前はエメラルドに輝く海が広がります。ビーチではシュノーケリングやマリンジェット、ドラゴンボートなど透明度の高いエメラルドグリーンの海でダイビングを楽しむ事ができ、沖縄を満喫出来ます。客室は全室オーシャンフロントで、31㎡のお部屋から海を独り占めすることが出来ます。バルコニーでは、心地良い光を心に沢山浴びて安らぎのひと時をお過ごし頂けます。夏のシーズン中は潮の満ち干きに関係なくいつでも泳ぐ事が出来ます。館内には、新鮮な海の幸や旬の食材を活かした、沖縄ならではの料理をお愉しみ頂ける「居酒屋ちんぽーら」があり、夏にはデッキテラスでBBQもお楽しみ頂けます。また、エステ「きよら」では、海からの潮風が流れるゆったりとした時間の中で身体と心を癒すラグジュアリーなひと時をお過ごし頂けます。日頃の疲れを癒すのに最適です。ご自分へのご褒美にも最適です。そして、沖縄銘菓から伝統工芸品、健康食品からリゾートウェアなどのバラエティ豊かな品揃えを誇る「ショップコンビニ」もあるのでお土産選びも安心です。朝目覚めたら窓を開け、耳を傾けると素敵な波の音がBGMで聞こえる贅沢な沖縄時間をのんびりとお過ごし頂けます。
2泊目は那覇市内の人気のホテルをご用意!

⇒おすすめツアー詳細はこちら♪

沖縄エリア観光情報
座喜味城跡
zakimijyouato.jpg.jpg座喜味城跡は、15世紀の初頭に築城家としても名高い護佐丸によって築かれたと言われています。護佐丸は当初、座喜味の北東約4kmにある山田グスクに居城していましたが、1416年に中山尚巴志の北山城(今帰仁城)攻略の際に参戦し、その直後に地の利を考慮し座喜味へ築城したと言われています。座喜味城跡は1956年に琉球政府の重要文化財の指定され、日本復帰の1972年には国指定史跡となりました。そして翌年の1973年から1985年の間は文化庁・沖縄県の補助を受けて城跡の発掘調査や城壁修理が進められ、日常的に歴史と触れ合う空間として蘇ったのです。2000年12月2日には村民待望の「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の資産のひとつとして世界遺産に登録されました。座喜味城跡は名護層を基盤とする標高120m余りの丘陵に立地していて、二つの郭(一の郭と二の郭)からなります。それぞれの郭にはアーチ石門が造られており、アーチがかみあう中央にはくさび石がはめられています。郭内の面積は城壁を含めて738.3㎡(2234坪)。城壁は高いところで約13m、低いところで約3m。城壁の石材は琉球石灰岩で、主に「相方積み」の手法が用いられ、部分的に「布積み」や「野平積み」も見る事ができます。城壁を上空から見ると重厚で曲線が多く取り入れられていることが分かります。松林をこえた先にある沖縄最古と言われるアーチ門と高い石垣が特徴で、標高120mの丘陵地に築かれているため石垣からの眺めがよく、夕日のビューポイントとしても人気です。沖縄最古のアーチ門など芸術的な美しさが印象的な座喜味城跡です。

このページの先頭へ